FC2ブログ

BASSING SYNDROME REPORTS

BASSING SYNDROME釣行記をブログにしました。 これまで通りよろしくお願いします。

久々の琵琶湖・・・

2018/9/23
久々の琵琶湖は、体調不良と釣れないためで7月以降遠ざかっていました。

相変わらず、何のアタリもなく坊主でした。思ったほどターンオーパーしておらず荒れていませんでしたが釣れる様子なくあまり長くは粘りませんでした。

釣りながら「チーズはどこ行った?」を思い出した。確かこんな内容だった。「そこへ行けばいつもチーズはあった。昨日は無かった。明日はあるだろうと来たが無い。・・・」バブルがはじけて有ったはずの資産は皆、不良債権。職場はその後、自分も他の人もバラバラになった。幸い色々あったけど今は何不自由なく暮らしている。

春先今年もランカー上がったので、次こそは釣れる・・・もうそろそろ見切りを着けなくては。他の釣りもしてみましたがランカーバスを挙げるスリルは他では味わえない。バス釣りは辞められそうな有りませんが琵琶湖はそろそろ終了になりそうです。
スポンサーサイト
このページのトップへ

予想通りの坊主

2018/6/29
天気予報は前線の動きが活発で雲の動きが速い。夕方には雨は止む予想なのですが、行っても風が強くつりにならないかも・・・かみさんの呆れ顔を後ろに一路琵琶湖へ。

現地では、多少雨に降られたものの、それ程天候は崩れず釣りは出来ました。但し釣果の方は残念ながら坊主。

ただ丸坊主かと云えば少し違う。

釣り初めて少ししたら子バスのあたり。これはすぐばれてしまう。
次のあたりは本物。少なくとも40後半の引き。

ロッドが絞り込まれてラインが「キューン」と鳴った後切れたかと思いきや外れてしまいました。この時期ウィードの中を引けるよう針先を隠しているので有りうるトラブル。仕方ありません。かなりいい引きでしたが残念。そのあとは無駄な努力に終わりました。

これから暫くはバスとともにウィード対策が必要なのでしょうが・・・昨年はウィード塊ごとランカー上がったのに。ダメなときはダメですね。
このページのトップへ

予感的中


2018/6/3
前回、釣り初めは良かったけど、無風になって3時間 あちこち回ったけどあたりなし。

次回、イヤーな予感・・・・はそのまま的中。

到着するとかなり強い風、しかし心配無用。初夏から夏の琵琶湖は夜になれば風がおさまります。琵琶湖風っていうやつ。
結果、無風から微風、自分としては好きな状況。しかし色々なリグを試しても全くあたりなし。

3時間以上あたりのない中、4/21に揚げたポイントで40cm未満をやっと一匹。それから更に粘って4時間、バスの気配なし。

最近は2か月に3回程度の釣り回数。前回の状況はほとんど当てにならず、毎回状況によりバス探し。このところのバス釣りサイトではポイントもリグも公開していて、「こうすれば釣れます」という内容の動画を提供。しかしそれで釣れるほど甘くないのが今の琵琶湖。

今回坊主ではなかったし、今の琵琶湖はこんなもの。しかしこのままではは次回は坊主の気配。同じようなことを1年前も書いていますが、そのなかでロクマルが上がりました。プラス思考で行こう!


このページのトップへ

今回は文句なし


2018/5/3
前回2日かけて状況をつかんだので、最も魚影の濃いポイントからスタート。

到着すると風が強い。釣り辛そう。波が荒いのでアピールの強いルアーをチョイスして一投目。
手前まで引いてきて足元で「カバッ!」残念ながらフッキングできず。

ポイントを変えて、今度はおとなしいルアーをチョイス。
こんな荒い波の中で反応はあるのかと疑りながら静かに引いてくると違和感。ヒットしたのが写真の40up。
今回はいつもと違い、釣れる予感。



派手なルアーに反応なし→おとなしいルアーでヒット→更にアピールの弱いルアーをチョイス→バス釣りではまる釣れないパターン・・・ここはやはり経験から派手なアクションのルアーをチョイス。アタリは弱かったものの足元まで引いてくると大きくロッドが絞り込まれる。

計測すると54センチ。前回は「怪しい50センチ」今回は文句なし。というか写してくれた人が、上手く大きく見えるように写してくれました。なるほどそんなアングルで撮るのか・・・参考になりました。



釣り始めて3時間経過。次第に風が弱まり派手なアクションではさすがに無理な感じ。おとなしいルアーに戻して3本目。
完全に無風になると、その後3時間全くあたりなし。いつもの「沈黙の琵琶湖」に戻りました。
今回は状況変化に対して「正しい選択」が出来て良かった。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

今季 琵琶湖2日目

2018/4/21
この時期はバスがシャローに寄るため、パサーの数が思いのほか多い。



坂本の鳥居付近

ベンチで昼食をとっていたら独りのパサーが一服に来ました。
「釣れましたか?」
「昨日は54cm上がりました。」


坂本の鳥居北

KKRロッジの杭北で岸釣りの方の足元にスケールが広げてある。
「いかがですか?」「先ほど50cm JUSTが上がりました。」


際川河口周辺

現地での情報では「例年なら今頃でも、今年暖かかったためランカーラッシュはもう終わっています。」
でも皆さん しっかり上げています。


へたくそパサーの私はというと、この一匹を挙げるまで6時間以上あたりなし。
坊主を確信して帰ろうとした時、ドラマが待っていました。計測するとJUST 50cm・・・と言いたいけど微妙に寸足らず。
今回はご祝儀計測で50ということに。
それにしても こんなドラマは不要。どうせならもう少し楽に釣らせてほしかった。

KKRで50を挙げたパサーが去り際に「甘くありません・・・」しみじみと感じました。
このページのトップへ

初釣行



2018/4/20
最近の琵琶湖はなかなか釣れないため、昨年は早い釣り納め今年は遅い初釣り。
今回は2日にかけてゆっくり状況探りながらの釣り。



坂本へ行ってみると、いつの間にか下のような碑が立っていた。



悲運の名将を悔やむ内容が書いてある。皆が知っている歴史は「勝ち残った者」に都合のよう話が多いのでよく分からない。
悪名高い吉良上野介も、地元吉良町では名君、有能だからこそ大将になった。
それは間違いない。ただ考え方の違いで残念なことがよく起きる。



2m程の竹ざおで岸から1mくらいのところに餌釣りしていた。バケツの中には5㎝位のブルーギルが入っていた。
どうするのか聞くと、琵琶湖は外来魚だらけで、在来の魚を食べてしまうから駆除するのだと。
今はバスはそんなに居ませんと言おうと思ったが、この人にとってこんな足元で簡単に釣れるから信じそうにない。



釣り場である釣り人から話を聞きました。外来魚駆除事業で漁師が捉えたバスを買い上げていると。徹底した藻狩りをしているため、バスの付く場所がなく、ポイントがわからず困っていたし、バスの個体数が極端に減ったのは実感していたものの、やはりそうだったのか。その釣り人は60㎝オーバーが狙いで今年は66㎝揚げたそうな。狙い方は参考になりました。

バスが外来魚というレッテルを貼られている以上、外来魚駆除は錦の御旗、正しいことになるのでしょうが、税金をもう少し大切にして漁師の方もできたらのんびりやって欲しい。バスで生計を立てている人や釣りを楽しみにしている人もいるのですから。



今回、散々廻って釣れたのは一か所だけ。シャローで44㎝をゲット。ランカーではなかったけど釣れてよかった。
2日目の話はまた次回。
このページのトップへ

初釣り


2018/1/7
この時期 琵琶湖に行ってもほぼ100%坊主。身近で楽しめる場所は・・・と探しています。
狙いはシーバス 予備調査で聞き込みすると釣れないとのこと。

確率の上がる夜の満潮狙い。到着すると20台ほど車が止まっている。゜
 
タックルは固いベイトロッド 他の人も釣れていないので、私は早々に坊主逃れでエサ釣りにチェンジ。

といってもわざわざゴカイ買いに行く気はなく、庭のミミズを持参。
簡単に釣れました。この魚をプラグで挙げた人も居まして大したものです。

こんな魚でも柔らかいスピニングならそこそこ楽しめます。

自分のように暇つぶしをしているのと違い対岸の工場では夜も働いている人が居て頭が下がります。
このページのトップへ

宝くじ


2017/10/9
釣れないのでずっと遠ざかっていました。久々の釣行でした.
世間は連休なので、いつになく車が多く、遠方ナンバーが停まっていました。

ウィードはまだ濃いが湖面を覆うほどでなく表層は引けそう。微風なので自分の好きな状況。
定番のポイントにバスの気配はなく、シャローのウィードの中に投げたら写真の魚。

8インチのワームに#7/0のフックなので口に入ったのは針先だけ。
最近の釣りは「宝くじ」、もう釣れないから辞めたらと忠告もあるし自分もそう思います。

宝くじは当たらないから高額当選、当たらないからといって買わなければ絶対当たらない。
しかし宝くじの当選確率は低すぎる。まるで合法的詐欺ではないかな。シックスシグマ以下では。1億円当たるなんで民間なら誇大広告で訴えられるのでは。
それに比べデカバスのヒット率はもう少し高い・・・と思います。多分・・・何故なら7月にロクマルが上がっているので。またいつかは釣れる、きっと!
このページのトップへ

いつの間にか秋

ikarugahokkiji
釣れません(´・_・`)  8月末に南湖南エリアを廻りました。結果は坊主。

載せる記事がありませんから、更新しないままにしていましたが折角、見に来ていただいた方に申し訳ありませんから秋を感じる写真をアップ。勿論自分で撮りました。

最近の状況といえば、近所で「へら」釣りに行っていますが余りに簡単に釣れてしまう。これでは釣りの楽しみがありません。
バスは見失ったまま。もうそろそろターンオーバーになり更に釣りにくくなるはず。程々に難しい釣りがしたい。
このページのトップへ

振り出し


2017/8/10
照りつける太陽、暑い夏・・・琵琶湖に近づくと真っ黒な雲。その途中からひどい土砂降りにヽ( ´_`)丿
天気予報では晴れだったはず。

風や雷は無理でも、雨ぐらいではへこたれません。幸い釣り始めた時パラパラの小雨でしたが、風は弱く雨が上がり幸い釣りができそう。

釣りの一投目、すぐアタリ。しかし藻化け。針がウィードレスにセットしてあるのでやむ無しです。

それから南湖北エリアをあちこち散々廻りましたがあたりなし。再びバスを見失ってしまいました。困ったものだ。

今回坊主とあきらめた頃写真の子バスがヒット。40cmに少し足りないサイズなので全く手ごたえ無し。でもよかった。さて次はどこ行こうかな。

このページのトップへ

釣りにならない


2017/7/15
前回と同じポイントへ。
釣り始めたときは無風でじっくりポイント狙えるかと思っていたらあっという間に突風が吹いて危険なほど。
テレビでは祭り会場が突風で惨事を伝えていた。

本当にあっという間の出来事。強風の中適当に投げたら40upがヒット。

あきらめ悪く、強風が治まるまでに2時間待ってポイント移動したら再び強風。

折角遠いところから来たのだから・・・という欲は堪えて帰りました。自然を相手にしていますから。もうかなりウィードが濃くなり次回は、ウィード攻略がキモになりそう。
このページのトップへ

祝 ロクマル!


2017/6/30
前回、釣れないのは「バスが居ないから」、居たら一発で喰ってきました。久々のポイント責めたらそんな結果に。ばらした魚は大きい。ポイント選びは「感」で決めていますが自分を信じてよさそうです。

今回そのポイント攻めたら今度こそロッドが立たなかった魚を手に入れることが手に出来たかも知れませんが、思い切って南湖北エリアを攻めてみました。

風が強くアピールのあるリグが必要かと思いましたが、おとなしいストレートワーム投げると、コンコンというアタリ。写真の子バス2匹ヒット。何でも釣れれば結構。ただ子バスが釣れるポイントはデカバスは釣れないので移動。



リグをスコーンに変えてウィードの表層を引くと、こいつも小さな当たり。揚げて計測すると48cm。
アタリが続かないためと、こういう釣りは釣れても50cmそこそこ。
そこで再び移動。もう少し違う釣りが必要。最近50cm後半のための釣りが少しわかってきました。



新たなポイントで強い風の中、かすかな違和感。フッキングすると早々にウィードに巻かれたかと思いきやバスの引き。この時期は自分の経験では一年で一番強い引きが楽しめる。

ロッドがテムジン・アマゾンフリップで良かった。バットがしっかりしていてコントロールしやすい。ただラインは細いのでドラグ調整に細心を払っていて最近は、ラインブレイクありません。このバスも寄せたらドラグ調整が狂っているかと思う程再び走り出しました。



この写真ではわかりませんが、口を閉じ尾を開いて計測すると60cmありました。過去に58cm*2本 59cm*1本どうしても60cmに届く魚に会えずあきらめて居ました。1cmくらい図り方や写し方でどうにもなりますがそこだけは守りたい一線。このスケールはロクマルを想定しておらず判りにくい。今後のためにスケールを作り直そうかな。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

光り一筋


2017/6/17
前回も坊主食らって、2連続坊主。
おかしい。釣り方を変えてから、手ごたえあったのにまた釣れなくなってしまいました。

前回もかなり広い範囲、廻りましたが反応なし。居ても何らかの理由で喰わない?ポイントがほんの僅かずれている?

どうやら、そんな難しい理由でなくただバスが居ないだけのよう。ずっと前に行ったきりに久々行ってみたら、一発で強烈な引き。ロッドが立ちません。しかし寄せる前にふっと軽くなってしまいました。残念!!!

魚影ありで続けた結果、代わりに上がってきたバスが写真の魚。残念!3連続坊主回避では寂しい。プラス思考で、釣れたからよし、この積み重ねが次のデカバスへの道と思いたい。

帰り掛けに、かなりの腕前の方と少し話しました。ロッド8本・・・?魚探でかなり正確に狙いを絞っている様子。自分も本数だけは6本、しかし感で使い分けをしています。数の減ったバスを探し当てるには"感"では限界ありそう。

しかし救いはこの時期、居れば一発で喰ってくる。ずっと南湖南エリアばかりで釣りしてたので次回は北エリアへ行ってみよう~♪

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

厳しかった・・・

2017/5/20
今年で釣行3回目、坊主を食らってしまいました。

前回、釣れそうなパターン、釣れそうなポイント絞り込んで臨んだ釣行は全部外れてしまいました。

どうしても釣れないので、水を良く見ると濁っている。ターンオーバといえば秋なのですが、今日は昼30度近くなり夜は肌寒い。春のランカーシーズン後はウィードの生育によりポイントが変わるため釣り難くなるのは考慮の内。今回はそれ以外の要素が加わったようです。

本当のところは分かりません。打つ手なしなので、このリグはずっと釣れない、このポイントは前回調べて魚影なしのポイント責めたら1本来ました。しかしバレてしまいました。釣れない時はそんなものなので、視点を変えて次回挑戦。
このページのトップへ

連休釣行


2017/5/3
連休中盤ともなると、釣り荒れてショートバイトは昔の話
釣り荒れる程人はいないのは幸い、しかし多少はプレッシャーあるはず

前回は釣れたものの、アタリは一回のみ 今回は坊主かもしれない
そこで余り「ヤマをはった釣り」はやめて手堅くいこう

状況として、かなり風がある。
他の人なら無風より風があったほうがプレッシャーが下がり釣りやすいと聞く。
しかし私には無風のほうが緊張感が保てるし、風があると気が散って詰めが甘くなる。

風があるのでしっかり底を取ってウィードを探していくと違和感、フッキングすると40cm がヒット
こんなサイズが釣れる場所にデカバスは居ない。しかし最近は簡単に釣れないのでありがたい。
もう少し粘って43cmをゲット。

今回は時間はあるし、バスは散ってるようなので全体の状況を把握して次回のために広く探ってみた。
その結果が写真のバス。
握り拳が簡単に口の中にはいるのですがサイズはイマイチ。次回攻める場所にあたりがついたのは成果でした。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

これだから辞められない・・・初釣行

2017/4/15
4月に入ってもまだ「生きています」。
釣り用に頼んだ新車が来ない。納期遅れのペナルティーで借りた代車で初釣行。
到着すると、この時期は例年通り水量が多い。



数頭投げて・・・経験からバスはディープには居ないようだ。
シャローに狙いを絞りました。今夜は夜桜見物釣行かな。



桜を見ながら、シャローに向かって投げ一投目、コツコツと小さな当たり。
フッキングするとクラッチが滑りラインが出てゆく。
おっーおっー!伝家の宝刀は錆びていないようだ。



計測すると56㎝ぐらい。
釣り始めて1時間くらいのこと。

今夜はもう一本ゲットできるかもと思い、シャローを攻めるもののまったくアタリなし。
それぞれのポイントでフォール、スイミング、ずる引き・・・全部ダメ・・・結局宝刀のお陰でなく運に恵まれたよう。
この時期は深夜まで釣り続けても、寒いばかりとわかっているので4時間で納竿。

次回もこんな「幸運」に恵まれたいものだ。
このページのトップへ

幾多の問題を解決して

クラウンにボート乗せる気にならないので、
釣り用にもう一台注文。
ただ人気あるのか、納車に時間がかかっています。

ボートも注文したのでもうすぐ届くはず。

一番問題なのは体のこと。
過去2回とも3月末に筋梗塞で倒れ、3回目に再発したらまず助からないと医者から宣告され、
かみさんからは「釣りは辞めるからと・・・クラウン買ったのに…ペテン師・・詐欺師・・・」

人生って色んなことがあるけど、4月になっても生きていたら何とか釣りに行きたいな~♪
このページのトップへ

復活するかも!

昨年末で定年退職し、今年から新たな職場でスタート!

仕事生活は一変しましたが、釣りは忘れることができず悶々・・・

ゴムボは捨ててしまって有りませんが、ひっとしたら釣り復活するかもしれません。
このページのトップへ

最終釣行です

長きにわたり、ありがとうございました。
今回をもちまして、このブログは終了いたします。

まず、バス釣りに終わりを迎えますのは、釣れないからというのは50%正解ですが、釣れないなら釣れるように工夫するか、釣れななりに楽しみを見つけます。

残りの50%は「ポートやエンジンがポンコツ」、「車がポンコツ」「自分もポンコツ(2回心筋梗塞で倒れました)」
3人の息子は独立して、家のローンも終わり、後は生活費さえ稼げはよいのですが、3回目の心筋梗塞は生存率20%なので、自分としては、釣りをしてて死ぬなら本望なんですが、かみさんとしては年金がもらえなくなるので困るという。

それで定年を機会に生活スタイルを変をえるため、車はワンボックスからセダンカーに変えます。クラウン アスリートの納車が9/20頃なのでもう一回行く予定でした。

ここからが釣況報告ですが、前回少しターンオーバー(気温と水温変化により、表層の水と酸欠の湖底の水が入れ替わる現象)が起きていたのですが、広い範囲で発生。際川から釣り初め、狙いの自衛隊付近もひどいターンオーバ。

粘っても無理そうなので、北上してKKR琵琶湖沖まで来ると、ターンだけでなく、腐って切れたウィードが浮いてあちこち、島になっている。

ここも無理かと思ったら、強烈な引き、しかしウィードに巻かれ藻化け。結果として粘り続けたほうが良かったのですが、ここでは掛けても上がらないからと、判断誤り移動してしまいました。

あと思えば、ウィードは掛け方、揚げ方を工夫すれはよかったですが失敗。沖に向かって走り、東岸近くまで行きましたが、水の状態は同じ。

カネカを過ぎてアクティバ沖まで走ったこともありますが、南湖は多分同じでしょうからやめました。

結局その場所以外は、アタリなく今回は坊主。こんな状況なので納車までもう一回行っても同じなので今回で終わりになりました。
ポンコツボートは捨てますが、フジタカヌーさんから購入した図面もとに自作したファルトボートがあり、先のことはわかりません。

オカッパリで釣る技術がありませんし、ファルとボートは不安定なので今の釣りは出来ません。従ってこれで終わりとなりそうです。
ホームページ開設2002年7月なので丸14年、お世話になりました。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

ペルセウス流星群


2016/8/12
前回からの大きな宿題。「どこを攻めよう?」攻め方を変えてからポツポツアタリがあったポイントも次第に反応なくなっていました。

釣り始めて30分ほどで1回のみ子バスのアタリがありましたが、その後・・・・移動を繰り返しても何らアタリなく、6時間経過。

お盆だからかも知れませんか、連休なのに釣り人が居ない。これ程釣れなくては、釣り人が居ないのは当然でしょう。
ただ、今回は別、流れ星が「ヒュー ・・  ヒュー ・・ 」と流れます。
写真は残念ながら自分が写したものではありません。5回ほど流れ星を見ましたが方向も、場所もバラバラで予測しようがないタイミングでしたので、カメラに収めることは出来ませんでした。

坊主を覚悟して戻る途中、何気なく投げた一投が写真の魚。

ロッドはコンバットスティック アマゾンフリップ 3オンスのルアー 30ポンドのラインに耐える頑丈なロッド。
そのロッドが満月になっている。ウィードに巻きつき、ラインとウィードがこすれて変な音がしている。

変なこすれ音を出しながら、ラインが出ていき、止まらない。
静かになったら、藻化けに終わる・・・。

頑丈なロッドに来たので、ロッドを立てて強引に引く。そうすれば恐怖心から暴れ、6-7月とは違い、水温が高いためバテるハズ。

思った通りこのパスを包み隠すほどのウィードの塊とともに浮いてきたので、ネットイン。

このサイズは掛けて、寄せてから第2幕がありますが、経験が事態を解決してくれました。逆を言えば、今まで、こんな状況で何本逃がしたか・・・。

こんなバスが居る以上、サイズダウンしてもあと1~2匹は居るはずと、その後粘り続けましたか1回もアタリはありませんでした。こんなドラマが待っているとは思いませんでした。流れ星が願いを叶えてくれました。

長いことバス釣りを続けてきましたが、釣りもこのホームページも来月半ばで終える予定です。ポンコツは廃車にして、今度の新車はクラウン・アスリート 釣り道具を載せる予定はありません。従ってバス釣りはあと1~2回。バス釣りを辞める決心をしてから50アップは今年で3本目。皮肉なものです。残り少ない釣行を楽しみたい。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

プロフィール

正蔵

Author:正蔵
ブログにかわってもこれまで通り宜しくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する