BASSING SYNDROME REPORTS

BASSING SYNDROME釣行記をブログにしました。 これまで通りよろしくお願いします。

釣れない理由


2015/4/29
このところどうやっても釣れない。当たりがあっても続ない。
2月の場合、居ても釣れないことがありますが、3月に入れば
サイズは兎も角釣れるはず。もうバスは居ない・・・

確かに、バスを捉える刺し網があちこちに仕掛けてありました。

しかし、釣れない原因は自分にあったようです。
なぜなら友人を連れて行ったら、一年ぶりの釣りでも50cm弱を数本簡単に上げてしまいましたから。
このページのトップへ

遠い春


2015/3/27
場所を選べば1~2月を除き釣れるものですが・・・・あたりがない!

地元では桜が満開!遠い春・・・・どうしたらいいの? 困ったもんだ・・・
このページのトップへ

初釣行

画像5
2015/3/7
今年は遅い初釣行
昨年は2月に出かけましたが、坊主に終わったため、昨年末からの状況から判断して、3月までじっと我慢していました。

到着すると先行者が上がってきて。
「いかがでした?」
「細かいのが2本、今夜は冷え込んだので厳しいです。昨夜は良かったですよ。50up 2本を頭に5本上がりましたから」

うーん 聞かねば良かった(泣)
この時期、同じ時間帯、同じ場所、ということは・・・釣りスタイルも、攻めるポイントも同じ。「細かいの」といっても40up
今回は、その釣った後を攻める訳だから、いきなりテンションが下がる。

しかし折角手に入れた情報、役に立てなければ。
つまりバスが警戒している、それに対するリグが必要。
画像7
釣り始めて暫くすると、竿先に違和感。フッキングすると重い。ロッドが絞り込まれて起こせない。

間違いなく50upを感じた途端、ふっと軽くなってしまう。
この時期、食いが浅いからよくあることで、更に一度逃がしたら次は無いことも承知。

一番悔しいパターンなので、その後も続けましたがやはり、あたりはありませんでした。
ああ・・・今年もストレスの一年が始まる。
このページのトップへ

釣り納め

2014/12/26
天気予報では曇りのはずが、雨がぽつぽつ・・・この時期、雨の中での釣りは辛い。
幸い風が殆どなく、雨は少しぱらついただけで止み、釣りが出来そう。

息が白くなる中での釣りなので長くは続けらない。
前回「釣れなくてもいい・・」と書きましたが、何としても釣るつもりで行きましたが結果は坊主。

この時期は広くあたっても、食い気のあるバスにめぐり合うことは難しい。
従って秋口から通って釣れそうなポイントに狙いを絞る。
デカイワームは警戒されやすいからとサイズダウンすると、活性が低いので口を使わない。
兎に角狙っていくしかない。・・来ればデカイ・・・はず!

1時間ほど引いていると、足元でコツン! この時期だから、一呼吸置いて、フッキング。
しかし掛かりませんでした。
前回そのあたり方から、次の一手へ手を変えて掛けたのですが、この時期に次はありません。
あたりはワンチャンス。

冬の釣りなので、ワンチャンスをモノにできなければ坊主は避けられません。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

ぜひ行きたかった

2014/12/21
私の仕事はお客さん仕事で土日関係なしなので、今週は金曜から三連休 雪が降ろうが槍が降ろうが釣りに行く予定でした。

釣れなくたって構いません。投げにくく飛ばないと、よくよくガイドを見るとガイドが凍っていたなんてことはよくあることです。
しかしこのところの寒波でかみさんが許してくれません。

仕方なく先に年末の大掃除。どうせあと5日仕事すれば今年は終わり。台所の換気扇 やっぱりプロ用の洗剤は高いけど油汚れは落ちやすい。時間が空いたので以前から気になっていた蛍光灯。

居間の蛍光灯は、風格がありますが古いので安定器が絶縁劣化から火災になる心配、最近はLED化が進んでおり電気代も節約できる。ネットで調べると殆どの蛍光灯もLED化できる。

家電店には売っていないのでネットで注文。LED蛍光灯が到着したら、グロー回路と安定器回路を外し60%省エネ化完了。
この三連休は終わりでも年末は時間を持て余そう。

それでこの二年、哲学や日本神話や宗教に凝っています。哲学は人類が何を考えてきたかを教えてくれます。
人生に悩んだらお勧めします。非常に面白いです。
デカルトの神の存在証明(論理的に正しくても真実でない)とかカントの空間も時間も人がそういう捉え方するからあるのであり主観的なものだと。
またブッダは宗教は否定していた。拝んで問題が解決することはない。死後の世界など誰も死んだ経験ないので分かるはずない。非常に論理的な人で私たちが知っている大乗仏教(ブッダの死後1000年後の思想)とは全然違います。

それで年末用に墨子、荀子、老子、荘子、孔子、古事記、古代ギリシャ思想など市の図書館で借りてきました。
哲学思想より釣りが一番。年末は天気さえ良ければ、今度こそ雪が降っても行かなくちゃ。
このページのトップへ

寒波が来る前に


2014/11/30
折角、時間かけていいポイント見つけたので、行かなくては!

空模様が怪しく、かみさんから「天気を確認したほうが良い・・・」で、確認したら「曇り時々晴れ」
予報と違い、釣りはじめたら「ザー・・・」 幸い風は無く、暖かい 釣り続行

狙いのポイントの前に、今年南湖北エリアは釣れなかったので行っていない
どんなものかと西岸に的を絞り行ってみたが、あたりは一匹、エラ洗いでばれてしまう

あきらめ、短時間勝負で狙いのポイントへ 当たりはまずまずあり、掛けたのは45cm頭に3匹
狙いのサイズは出ませんが思った釣りが出来ればよい
このページのトップへ

晩秋の三連休

画像7
2014/11/23
晩秋の三連休なのでいつもより人が多い。
但し自分は、そんな連休はありません。貧乏暇なしです。

小人閑居して不善を成す。
大人つまり聖人君子は時間を使い、有用なことも出来るでしょうが、自分のような凡人は時間があると、ろくにことをしでかさないから働きづめがよい。
しかし働き詰めではつまらないから、寸暇を惜しんで釣りに出かけます。
画像1
釣りはじめると、前回とまったく同じ。あたりがあるけどフックオンしない。

無用心な小バスなら何とかヒット。たかが40upをゲットするのに7時間を要しました。
前回と同じで終わるわけにいかない。

折角バスの居場所まで見つけて、掛けられない、原因を見つけられない、それも二連荘なんて、出かけた小便途中で止めるように辛い。

なので、リーリングスピードか、アクションか、ワームサイズか、フォールなのかステイなのか、調べていたら7時間かかってしまいました。ヒットパターンを見つけたら同じポイントで40upを3本揃える事ができました。
画像2
これ以上続けても、サイズアップは見込めそうも無い、ヒットパターンは見つけた。ランカーにぱ手が届きませんが、思いの釣りが出来てよかったです。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

あと一歩

画像1
2014/11/2
到着してみると、ウィードはすっかり衰えて気配が変わっていた。

途中雨に降られ、今回は雨中での釣りと覚悟して来ましたが、雨は止み風はない。
まだ寒くはなく、釣りが楽しめる。

先行者に聞いてみると、あたりが一回あっただけ。相変わらず厳しそう。

釣りはじめると、前回と同じく当たりはあるものの、フッキングに至らない。
リグや引き方、シンカーをかえてみてもすぐ吐き出してしまう。
その中で、つんと来てフッキングすると、ぐっとロッドが絞り込まれロッドを起こす間にふっと軽くなってしまうあたりも有りました。

水温の影響か、秋雨のせいか、そこにバスは居て、口は使わせてもヒットに持ち込めたのは小バス一匹。
あと一歩が届きませんでした。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

秋真っ盛り


2014/10/9
コスモスが咲き乱れて、秋真っ盛り

湖面を覆っていたウィードは殆ど姿を消し、以前なら秋の数釣りを楽しみに人が繰り出したものです。
ところがどっこい、期待して行くと、ターンオーバーで当たりなし。

最近はとにかく人が少ない。
ターンオーバーなら水を見れば分かりますが、水質に問題なくても釣れません。
実際、廻ったところではターンオーバーの影響はありませんでした。

全然釣れないかというと、工夫次第で何とかなるようです。
以前のターンオーバーのようなシンプルな原因なら、ポイント見つければよいですが、昨今はそんな「工夫」ではどうにもならない。

その昔、・・・サイズにこだわらない釣りが楽しめたら・・
しかし人には欲があるからこれを超越しない限り無理と思っていましたが、奇しくもサイズは狙えない状況になり、チエを絞ったら釣れるので、「釣り」を楽しんでいます。

二匹目は体型から想像出来るとおり、引きが強く、計測するまで「期待の一匹か?」と思うくらいでした。

その後、以前のパターンに戻したら坊主でした。過去はクランクで簡単に釣れ、その後ダウンショットやセンコーのノーシンカーなどで釣れましたが今は釣れません。今回つくづくこれまでのヒットパターンを変える必要を感じました。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

ぼちぼち釣行


2014/9/25
いつかはきっと・・・待望の一匹を期待して続けていますが、今回も平凡な釣果。

45cm頭に5匹。ウィードもだいぶ衰えて釣り易くなりました。
全部重めのジグヘッドでウィードの中を引いてきて"ガツン"のひったくるようなあたり。

ヒットパターンを見つけるまでに1時間、しかしポイントも変えないと釣れず1時間に1匹のペース。
ぽちぽち釣行も続けていれば、きっと待望の一匹に出会えると信じて。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

まだまだ多いウィード

画像10
2014/9/13
8月末は、台風の影響でウィードが流され、水も入れ替わったためか、ぼちぼちといったところ。

しかし今回到着してみると、岸は打ち上げられたウィード、沖には新たなウィードで釣り辛い。
秋は太いラインでビッグベイトに反応がいいはず。
その為の仕掛けを準備して出向くが、全然役に立たなかった。

ライト気味のリグでデリケートな釣りで写真頭に3匹。
夜になるとめっきり涼しくなりました。
これからターンオーバーで釣況が変わるためポイント選びが難しくなります。
次回、変化に対応できるリグを用意しなくては。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

へこたれない♪

2014/8/11
お盆休み 風は少なく釣りができる状況にもかかわらず、坊主。
7月末に比べたら、台風のせいか大量のウィードが岸に打ち上げられ釣り易くなっていた。
にもかかわらず、丸坊主。こりゃアカン!
海釣りへの転向は何度も考えました。近くで交通費も安く、簡単に釣れて食べられる。
しかし・・・ロマンがない!
8/11は台風通過直後でしたがバスプロの話だと、台風直後は釣り辛いそうな。
そうなんだ・・・釣れないのは、天候のせいだ。

2014/8/25
水位は平水位まで減水してた。湖面を覆っていたウィードはわずかに残っている程度。
釣果は写真を頭に4匹。引きが強くて楽しめました。
画像10
画像2
魚を見るとげっそり痩せている。
なかなか釣れませんか、バスのほうにも食いたくても食えない理由があったようだ。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

MINNKOTA修理


友人から「ウィードが絡みついたら、回らなくなった。直りそうもないから」と譲り受けた。

私はもともと電気屋ですが、機械修理もやっていたので分解してみた。ロータリースイッチは分解不可能ですが原因は多分コレ!何故なら配線の被覆が溶けている。白いテープを巻いた部分がソレ。

分解できないので、細身のノコで切断してみた。溶けた内部接点を治して接着剤で付けたら治りました。

しばらく使ってみたが、力が弱い、動きが悪い・・・それでモーター部を分解してみた。
画像1
内部を見ると水が入っている。

乾かしてマイナスドライバで掃除をした。

整流子を磨いて組み立てる。

軸受けやフランジにグリスを塗って組み立てる。

そうしたら調子よく回るようになりました。
もう少し詳しい説明はこちら
このページのトップへ

夏の釣り

DSCN1235[1]
2014/7/19
見てのとおり、酷いウィード。
藻刈り事業の必要性がわかります。

3年位前から行われて、水質の改善や湖流の回復、生態系の改善に効果が見られるとの報告があります。
藻刈りの効果や必要性について論ずる気は毛頭ありません。
ただ水草刈りが行われるとポイントが滅茶苦茶になって釣れなくなってしまう。
最近酷く釣れなくなった理由は藻刈りであり、この影響を無視しては無理と思うようになりました。

藻刈りが水質改善につながり、生態系の回復につながればバスの個体数も増えて釣り易くなる筈。
釣りとしては、これまでの釣り方では無理で、この影響を考慮に入れた釣りをすればよい。
DSCN1225[1]
前回、前々回釣れた場所は沈黙でしたが、写真の魚を頭に三匹、平凡な釣果でしたが坊主も覚悟した状況だったので、まあ、善しです。釣り方は濃いウィードエッジでの落とし込みつりでした。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

待望の一匹

2014/7/2
どこへ行こうか迷いました。南湖の南エリアか北エリアか・・・。
前回はスピニングで、ウィードのアウトサイドエッジで誘いをかけて、やっと一匹。

それを期待して行っても、また釣れるかわからない。
しかし最近は、他に釣れる見込みの場所が思い当たらない。
画像1
そこで取り敢えず同じ場所へ。行ってみると同じ釣り方ではあたりがない。
前回に比べると風が強い。
経験から風の強い日はスイミングが良いと分かっているので、
反対のオープンエリアに向けて投げると、着水と同時にヒット。
画像5
続けて投げると、コツコツという当りの後、少し引きが強い。
コイツはベイトロッドだったので強引に寄せると抵抗を見せる。
画像3
測ってみると52~53cmくらいある。なんだなんだ!

今年全然釣れないのに、釣り初めて1時間足らずでこんなに簡単に釣れるとは。
今回は、これで終わり、気持ちよく帰ろうかという考えが浮かぶも、高いガソリン代
他のポイント調査として次回のため、様子見必要で、続行。

風が弱くなると、その場所は当たりが止まりました。そこでボイント移動。

それから5時間、結果は坊主。
それでも3本掛け、特に最後の一本は、先の50upで鳴らなかったドラグが鳴り先ず先ずのサイズだったでしょうが、もうウィードもトロロ藻も酷く、針先をウィードレスにセットしてあるので全部藻化け。

前半は、向こう合わせで勝手に釣れ、後半はどう頑張っても釣れない、いつもの釣り。対照的な一日でした。まっ!楽しめたからヨシです。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ


2014/6/20
毎年釣り難くなっていますが、今年はますます釣れません。

5月から8月の間はポイントも釣り方もどんどん変えないと釣れません。
そんな事はかっていても、過去に釣れた場所や釣れたリグに頼って益々スランプに落ちる。

この所ベイトロッドに巻物がメインの釣りでしたが、今回はスピニングでステイの釣り。
一匹、二匹と藻化けし、次は無しと思いましたが、6月7日に釣りに来た時、「この時期、居れば釣れる」と判断して、走り廻って、坊主に終わったので、その場所で粘っての3匹目。

サイズは44cmでも、この時期は引きが強くスピニングだったのでドラグが鳴り、また狙っての釣りだったので、うれしい一匹でした。
このページのトップへ

連休後半


2014/4/3
友人を連れ再チャレンジ♪~
前回釣れた場所だけに狙いを定めて、釣り開始。

早々に40cm後半を掛けるも、足元でばれてしまう。
続かないので少し移動して、2匹目は40cmの写真の魚。

その後、あたりがなかった友人の一番硬い竿が満月になっている。

測ってみると56cm! 友人は一年ぶりの釣りで、初バイトの魚。
ポイント選定に、間違いはなかった。ただ自分には無かった、運と腕。

着水と同時にヒットなので、「宝くじに当たったよなモノ、腕は関係ありません」
運も実力の内 、しかしただの運ばかりではなく、更に49cmをヒット。
足りない部分を補うための参考になりました。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

連休前半


2014/4/27
最近の傾向で、連休のようなハイプレッシャでなくても、へぼ釣師には簡単に釣れない。

現地の情報によれば、・・・いいサイズが出ない!・・・
45cm 48cm 止まり・・・そのサイズならボツボツ釣れました。

確かに、当たりのある場所見つけたら、ワンバイトということではなく、
一本目40cmクラス、次は50cmクラス いずれもテキサスでバラシ、
警戒して食いが浅いためか、ジグヘッドに代えて40cmクラス やっぱりバラシ
その4本目が写真の魚。当たりはあるのに、苦労しました。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

ワンバイト・エラー

2014/4/16
体を壊して、休んでいたので釣りも暫く休んでいました。

琵琶湖に到着すると、平日にもかかわらず、人が多い。
さすがこの時期!

寒さを感じなくなり、釣りに気合が入るも、相変わらず渋い。

しかし何とか一本掛けました。
合わせるとロッドが大きく絞り込まれ、浮かせられない。
「デカイ!」
・・・・・・・しかし、ふっと軽くなってばれてしまいました。

もう、この時期、活性が低いとは考えられず、ハイプレッシャで
警戒しながらのバイトのためと、最近はランカーご無沙汰のため、寄せに失敗。

それから、粘ってみましたが、今回もワンバイトのみ。一回のチャンスを逃したら
次はありませんでした。

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

初バス


年末は荒れたので無理せず、中止。代わりに1月3日に行くも坊主。

2月23日 上の写真は残雪が残る比叡山。
あたりは1回のみ。しかし食いが浅いためかバイトまで持ち込めず坊主。。

今回3月9日は昼に雪がちらつき 夜になると外気温2度。
シンカーを増やしボトムにへばり付いたバスに誘いをかけても
まったくアタリがない。

毎年同じ場所で、同じリグを投げている。
リグもタックルも流行を追わないからではなく、
経済的理由で同じものを使っている。
どう考えても、見切られているような気がする。

しかし何か手はあるはず。
経験と理論 仮説は実証できて真実となる。 【“初バス”の続きを読む】

テーマ:バスフィッシング - ジャンル:趣味・実用

このページのトップへ

FC2Ad

まとめ

プロフィール

正蔵

Author:正蔵
ブログにかわってもこれまで通り宜しくお願いします。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する